ARCHIVE

COACH K'S BLOG

倉石 平のバスケットボールブログ 週1回、毎週木曜日アップ!
NBAオールスターのスターター決まる

 NBAのオールスターが、ルイジアナ州ニューオリンズで216日に開催される。前日の15日にスラムダンクコンテストやスキルスチャレンジ、そしてルーキーチャンレンジなど(新人と2年目のプレイヤーの試合)が行われる。

お祭りと言えばお祭りなのであるが、どこかスターが一堂に会するだけにワクワクする。前回のニューオリンズオールスターに私は行っていたので、今回の開催もとてもワクワクしてしまうのである。前回開催時は、ハリケーン・カトリーナで街が壊滅状態であった。特に住宅地がひどく、NBAのスターたちも復興を手伝っていたのを鮮明に覚えている。それ以来の開催であるから、町の方々もさぞうれしいはずである。

 

 今回のオールスター、ファン投票によりスターターが決まったのであるが、世界基準のような気がする。今までのNBAであれば、シャックのような大きなセンターが必ずやスターターに顔を連ねていた。しかし今回のフロントラインは、特にイーストであるが、全てスモールフォワードである。しかももしかしたらバックラインをしそうなほど、ガードもできそうなプレイヤーが選出されたのだ。この傾向はウエストでもあり、シュートがうまくそして素早く動けるプレイヤーばかりが選出されたのである。

ロンドンオリンピックで小柄で素早いアメリカが披露されたが、今回のオールスターは、そのチーム以上に小柄でスピード重視、そして得点を量産するボールハンドリングの良いプレイヤーばかりである。この形は、これからも続きそうでもあり、バスケットボールプレイヤーイコール大きなプレイヤーから、小柄で素早いプレイヤーへとイメージすら変わるのではないだろうか。

 

 216日(日本時間217日)にはNHK-BSで私は解説をする予定になっている。ぜひとも見ていただきたい。オールスターでなければ見られない組み合わせ、そして一堂に全てが見られるのはこのオールスターだけである。

2014/01/31

新年あけましておめでとうございます。

 "あけましておめでとうございます"本年もよろしくお願いいたします。

 

ところで、バスケット界はシーズンまっただ中、昨年末には高校界最大のイベント"ウインターカップ"、そして現在バスケット界で最も古く、そして長く続いている、名誉のある大会天皇杯が開催中である。バスケット人にとって正月はないに等しく、一番忙しい季節でもあるのだ。今週末には今年度のチャンプが決まる。

 

 世界に目を向けても、クリスマスにはゲームが少ないということは言えても、正月にはゲームをいつも以上に行っているというのが、ノーマルと言える形である。そしてつい先週にNHKNBAの解説をしていた日に、お年玉と言えるほどのびっくりする出来事が多々おこった。アップセットのゲームが起こったことである。バスケットは普通アップセットが起こりづらく、スカウトをした成果、チームの能力など鑑みると、再現性が高く勝率の高いチームが、必ずと言えるほど確率よく勝利するスポーツである。つまりコーチの手腕がはっきり表現されるスポーツでもあるのだ。しかしこの日はおかしく、ブルックリン・ネッツがオクラホマサンダーにしかもアウェーゲームで、そしてニューヨーク・ネッツがサンアントニオ・スパーズにこれもアウェーゲームで、そしてゴールデンステイト・ウォーリアーズがこれまたアウェーゲームでなんとマイアミ・ヒートに、昨シーズンのチャンピオン、しかも今シーズントップ陣を突っ走っている(インディアナに次いで現在イースタン2位)チームだけに驚きである。

一度に3ゲームがアップセットとは珍事以外の何ものでもない。特にウォーリアーズのアップセットは、接戦を制するとは異なり、ゲーム序盤からずっとリードしての大勝、しかもPGのカリーの3ポイントシュートが当たりまくり、リーがインサイドを荒らし2人で70ポイントほど荒稼ぎ、ベストゲームと言えるほどの出来であった。正月から珍事は、これから波乱が起こる幕開けかと期待をかけているのであるが。ますますもりあがるNBA、前半戦の最後(オールスターが折り返しとなる)まであとおよそ一か月、ラストスパートと言えるほどの盛り上がりである。

2014/01/10