ARCHIVE

COACH K'S BLOG

倉石 平のバスケットボールブログ 週1回、毎週木曜日アップ!
NBA開幕と今後に関して

 NBAが開幕して昨年の覇者ゴールデンステイト・ウォーリアーズが快調に勝利している。

 しかし、NBAの記者たちからは批判的な意見も出ている。ウォーリアーズの戦い方は、従来のNBAの戦術戦略と大きく異なる。スピードを重視したしかもアウトサイドのシュートを中心に組み立てる格好である。今までは、インサイドをこじ開けてまでゴール下にこだわり、力強さや高さを重視して戦術戦略を立ててきた。そしてインサイドにディフェンスが釘付けになった瞬間にアウトサイドからのシュートという格好であった。しかしウォーリアーズは異なる、まるで逆転の現象である。アウトサイドにディフェンスを膨らませて、そこからインサイドにつなげるという、まるで逆転の発想なのである。

 この戦い方に異論を唱える記者が出てきているのである。ぶつかり合いのない、コンタクトのない戦い方はどうなのだろうか、コンタクトの激しさ、そこからの得点というのも、見せ場ではなかったのか、軽業師のようなコンタクトのないきれいなバスケットに批判的なのである。豪快なダンク、ディフェンスの頭の上からたたきこむ豪快なダンクに魅了されているファンも少なくはない。

 ただ、日本のサイズなどを鑑みると、とても良い見本になっているチームには違いない。一方では、誰もまねができないような高さ、パワフルさは、NBAならではの特権なのかもしれない、非常に難しいことではあるが、ウォーリアーズはこの難問を解決していかなければ、連覇は遂げられないのかもしれない。意地になっているのか、ここ開幕からのステフィン・カリーの得点、素晴らしいを通り超えて怖いくらいである。小柄なプレイヤーの旗頭として、子どもたちの夢を乗せて、これからも続くであろう活躍に期待をかけたい。

 これから如何にしてゲームを展開するのか、ウォーリアーズの戦いに関心を持って見続けて行きたいと思う。まだまだ始まったばかり、チームはこれから大きく変貌してゆくであろうから、とても楽しみでもある。

2015/11/13