ARCHIVE

COACH K'S BLOG

倉石 平のバスケットボールブログ 週1回、毎週木曜日アップ!
ウインターカップ始まる

 高校生の最後の戦い。今年度の最終締めくくりとなる大会、ウインターカップが始まった。高校3年生にとって最後のゲームになる、非常に盛り上がる大会でもある。一つ一つに思い入れがあり、勝利敗戦で一喜一憂するのである。夏のインターハイ、秋の国体もそれぞれ思い入れがあるが、この冬のウインターカップに関しては今年度の総決算という様相もあり、一味違う大会である。

 女子が先行して開幕、次いで男子という格好であるが、留学生が多いのも特徴である。他の種目ラグビーなどでも留学生が目立つが、バスケットの5人の中で1人という形は他の種目よりもゲームの勝敗に関する影響力は大きいと思われる。何しろほとんどの留学生がセンターというポジション、つまりゴール下のか要になるのである。リバウンドなどゴール下の高さを生かしたプレイは圧巻というほかない。豪快なダンクにパワフルなプレイと対応するのがとても難しいのである。 ただ逆の見方もあり、諸外国と対戦するときは、この留学生レベルのプレイヤーと対等に戦わなければ国際競争力はなくなるわけである。非常に難しいことはわかるが、どうにかしてこの留学生相手に勝利することを考えなければならない。また、いつか対等に戦うフィジカルも身につけなければならない。現在は全国を見渡しても対等に戦えるのは1人、2人くらいかと思われる。ここが日本としては劣っている部分かもしれない。手をこまねいてみているわけにはゆかない、どうにかしなければ。
 大会自身は、男子は宮城代表、インターハイの覇者明成高校が優勝候補筆頭であり、その他はチャレンジマッチとなる格好である。女子は愛知県代表の桜花学園、ここ数年連覇中の圧倒的な強さを誇るチームである。しかしここ数回岐阜女子が力をつけてきており少差での戦いとなっているだけに面白い。この岐阜女子と大接戦を展開したのが新潟、開志国際である。女子は波乱含みの要素もあるが、経験値大の桜花がやはり勝つのではなかろうかと予想する。

2015/12/24

全日本学生選手権終わる

 先週1週間をかけ男女の学生選手権、通称インカレが東京、代々木を中心に行われた。男女ともに関東勢が上位を占める成果であった。特に男子に関しては従来通りとみる方も多いが、上位のベスト4がいずれも関東であった。そして驚くことに男女の優勝校が筑波大であったということである。アベック優勝という言葉を使ってよいのか定かではないが、久しぶりの史上でも類を見ない結果であった。

 ショットクロックの変更という、ルールの変更とともに、まだ慣れていないという部分も多少見受けられるのであるが、ゲーム自身がスピーディーになり、観ているファンにとってはこの上のない状況である、しかし指導するコーチ陣にとっては、これほど不安定要素が加わるとは思ってもみない状況となった。

 男子の準決勝、決勝ともに、3ピリオドが終わった状況で、30点、33点と今までにあまり見たことがない点数が成果として出てきた。ポジティブに考えればディフェンスが素晴らしいと言わざるを得ないのであるが、ショットクロックの短縮がこれほどまでにプレイヤーに精神的に追い込むのかと思い知らされたとも感じた。これから高校生が始まるが、ウインターカップ、同じようなことが起こらなければよいのであるが。時間が無くなると、不思議なことにタイトなジャンプショットばかりを放つ傾向になり、ペイントエリアへボールをつなぐとか、ドライブを仕掛けるとかという部分がまるでなくなるのである。とても面白い状態である。これを打破するチーム、もしくはジャンプショットが高確率で決まるチームが、勝利を得ていたように感じた。このルールが定着するとともに、今まで以上に戦術戦略が駆使されると思う。またそうであってほしと願いたい、それでなければ日本の進歩はあり得ない。

 国際ルールはすでに変更されたルールであり、オリンピック予選などこのルールで行われたわけであり、トップリーグなど日本を代表するプレイヤーはすでになじみがあるが、大学生以下は今年からであり、これからだという印象が強く残った。これからに期待したい。

2015/12/03