【イベント情報】FNS27時間テレビフェスティバル

2016/07/25
CATEGORY : NEWSINFO
2016-07-24 13.40.57.jpg
SPALDINGは、毎年夏に行われる『FNS27時間テレビフェスティバル』に協力させていただきました。
7月23日18:30~24日21:30まで生放送で行われた同番組内で、『全国高校生スーパーダンク選手権』という企画があり、そこでSPALDINGのバスケットゴールが使われました。この企画には全国から27校が参加し、生徒6人+先生1人の7人一組で争われました。競技内容は、トランポリンを使って最初の6人がタップでつないだボールを、7人目の選手がダンクを決めて、その完成度や独創性で得点を競います。

予選を勝ち抜いた9校がお台場のフジテレビに集まり、24日の17:00から準決勝が行われました。審査員は田臥勇太選手(リンク栃木ブレックス)、大神雄子選手(トヨタ)や五十嵐圭選手(新潟アルビレックスBB)、本場NBAからジャレッド・サリンジャー選手(トロント・ラプターズ)、そしてダンク・レジェンドの『ドクターJ』ことジュリアス・アービング氏(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が務めました。
生放送、そしてスタジオで数多くの芸能人が見守っている状況ということで、参加者はとても緊張している様子。そんな中きちんとダンクを成功させ、また完成度も高かった長崎日大高校(長崎)、高志高校(福井)、立正大学淞南高校(島根)が決勝戦に駒を進めました。

その後21:00頃から行われた決勝戦では、選手たちの緊張も最高潮に達していました。優勝候補の筆頭と見られていた立正大学淞南高校(島根)がまさかのミスをするなど波乱の展開でしたが、そんな中でもきちんとダンクを決めた長崎日大高校(長崎)が見事優勝を飾りました。

SPALDINGとして、このような大きなイベントに関われたこと、そして真剣に打ち込む高校生の姿に触れられて、とても光栄でした。
これからもSPALDINGは、真摯にスポーツに打ち込む人(=TRUE BELIEVERS)を応援します。


■フォトギャラリー
2016-07-24 15.56.26.jpg
リハーサルの様子。ドクターJとサリンジャー選手が登場。

2016-07-24 15.26.27.jpg
準決勝まで残った高校生が練習中。


※この企画で使われた『54インチ アクリル』はダンク不可の商品です。
 最大限安全に配慮し、またダンク仕様に少し改造も施しておりました。一般家庭では決して真似をしないよう、お願い致します。



(2017/7/25)