【サポート情報】大阪エヴェッサとオフィシャルサプライヤー契約を締結

2017/08/01
CATEGORY : NEWSINFO
evessa.jpg
スポルディングは、日本のプロバスケットボールリーグ『B リーグ』のB1 に所属する『大阪エヴェッサ』とオフィシャルサプライヤー契約をしました。
スポルディングはユニフォームだけでなく、T シャツやリバーシブルなどの練習着、また遠征時に着用する移動着など、シーズンを通じて総合的にウェアの供給をしていきます。

大阪エヴェッサは2005 年『bj リーグ』が設立された年に同時に生まれた、関西初のプロバスケットボールクラブです。大阪エヴェッサが黄金期を築いたbj リーグ黎明期である2005-2008 シーズンまでの3 シーズンでスポルディングのユニフォームを着用しており、今回は当時のデザインを復刻させたユニフォームを着用します。
スポルディングはウェアの協賛だけでなく、クラブと協力してチームウェアやグッズの販売を行います。またプロクラブを通して、バスケウェアや移動着の新たなスタイルも提案していきます。ブースターだけでなく、クラブが展開しているスクール向けのウェアやアイテムも開発していき、クラブ近隣のスポーツ小売店も巻き込みチームグッズを販売していくことで、ブースター増加と共に相互のビジネス発展を狙っています。

evessaosaka.png

※SPALDINGのチームウェアに関するお問い合わせは、下記までメールをお送りください。



(2017/8/1)