【イベント情報】SPALDINGが東京六大学バスケットボールリーグの公式球に採用

2017/03/02
CATEGORY : NEWS
東京六大学 x SPALDING.jpg
SPALDINGが、東京六大学バスケットボールリーグの公式球に採用されました。2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)の3日間の日程で、明治大学和泉キャンパスが会場となります。

東京都内にある六大学(早稲田大学、法政大学、明治大学、慶應義塾大学、立教大学、東京大学)が参加するこのリーグは、今年で13回目の開催となります。その歴史の中で、初めてSPALDINGが公式球として採用されました。SPALDINGが推奨する最高級のゲームボール『TF-1000レガシー』が公式球として使用されます。

■東京六大学とは
元々は、日本の大学野球の先駆者であった早稲田大学と慶應義塾大学の対抗戦に端を発する。1903年の第一回早慶戦から1914年には明治大学が加わり、その後法政大学、立教大学、東京大学と大学が加わり、1925年に六大学が構成された。元々は野球だけであったが、現在では様々なスポーツの対抗戦が行われ注目を集めている。

■公式試合球『TF-1000レガシー
ユーロリーグやスペインリーグ、WNBAなどの世界の名だたるプロリーグで公式球として採用されているボール。手の汗を吸収し蒸発する技術『アドバンスモイスチャーテクノロジー』を採用し、試合を通じてボールの質感や重さを保つ。
AD_0415+_ol.jpg



(2017/3/2)