SPALDING JAPAN K.K.

柴田真果

柴田 真果

柴田真果選手は、2022-2023シーズンより フランス リーグA 「ヴァンドゥーヴル-ナンシー」での新たなるチャレンジをスタート。ポジションはセッター。バレーボールの名門校である京都橘高校にて、3年次には主将を務め、春高バレー、インターハイなどで活躍。日本体育大学在学中には、2年次に21年ぶりの全日本バレーボール大学男女選手権大会(全日本インカレ)において優勝、3年次にはアンダーカテゴリーの日本代表メンバーに選出。2017年にはJTマーヴェラスよりVリーグデビューを果たすとともに、同年ユニバーシアードにも出場し、ベストセッターに選出。巧みなトスワークで相手を翻弄するチームの司令塔として、Vリーグや世界大会での実績を活かし、新天地でのさらなる飛躍が期待される選手。2022年よりスポルディングの契約選手となる。

職業 プロバレーボールプレイヤー
生年月日 1994/6/7
出身 京都府
身長 171cm

■ 経歴

2010年 京都橘高等学校
2013年 日本体育大学
2017年 V.LEAGUE 「JTマーヴェラス」
2022年 日本代表
2022年 フランスリーグ女子リーグA 「ヴァンドゥーヴル-ナンシー」