History

1876

イリノイ州シカゴに初のスポーツ用品店『A.G.SPALDING & BROTHERS』を出店。野球選手としての経験と類まれなビジネススキルで、スポーツ業界で圧倒的な存在を誇った。
同年に世界初のベースボールを開発し、1976年までの100年間、ナショナルリーグの公式球として採用された。


1877

世界初のメジャーリーグに採用されアグローブを開発した。後に殿堂入りした選手の多くが、スポルディングのグローブを着用していた。


1878

世界初のオフィシャルルールガイドを発行

1887

世界初のアメリカンフットボールを開発。確かな技術で作られたボールは全て、ほとんど均一な形とサイズを誇っていた。


1894

世界初のバスケットボールを開発。ネイスミス博士が1891年にバスケットボールという競技を生み出したときは、みんなサッカーボールでプレイするしかなかった。そこでスポルディングにバスケットボールの開発を依頼した。
バスケットボールの最初のガイドブックには『スポルディングのボールが公式球である』と刻まれた。

1895

マサチューセッツ州ほるよーくでバレーボールという競技が誕生したのと同じ年に、スポルディングが世界初のバレーボールを開発した。

1930

世界初の、ボールの中心に液体を入れたゴルフボールを開発。このテクノロジーがゴルフ界に大きな進歩をもたらした。


1971

アポロ14号の船長であるアラン・シェパードが月面に降り立った際に、大好きであったゴルフを楽しんだ。その時に使われたのがスポルディングのゴルフボールで、世界で初めて宇宙空間を旅したボールとなった。


1972

世界初の合成皮革のバスケットボールを開発。

1983

世界最高峰のバスケットボールリーグ『NBA』の公式球に採用。高品質の素材と、高度な耐久性が証明された。

1997

ZKマイクロファイバー合成皮革を採用したバスケットボールが、女性世界最高峰のバスケットボールリーグである『WNBA』の公式球に採用された。


2001

マイクロポンプを内蔵した世界初のボール「インフュージョン」を開発。20か月以上の歳月をかけ開発されたこのボールは、空気入れが内蔵されているにも関わらずNBAの品質を保っていた。

2006

通常のボールよりも10倍空気が長持ちする『ネバーフラット』を開発。ニトロフレイトガスによって空気が出ていくのを防ぐこの技術は、世界初のテクノロジーであった。

2008

初の幼児向けボール『ルーキーギア』が開発。通常のボールよりも約25%軽く設計されたこのボールは、特に8歳以下の子供を対象としており、小さな子供でも無理なくシュートやパスなどの基本動作を行えるようになった。


2012

ヨーロッパ最強のクラブチームを決める『ユーロリーグ』の公式球に採用。素材はクラリーノ人工皮革を使用しており、モイスチャーコントロールテクノロジーにより試合を通してボールのコンディションを安定させることに成功した。

FOLLOW US